当代 清水六兵衛

八代六兵衞は七代の長男として1954(昭和29)年に京都に生まれた。襲名前の名前は柾博。1979(昭和54)年に早稲田大学理工学部建築学科卒業後、京都府立陶工高等職業訓練校で轆轤、京都市工業試験場で釉薬を学び、本格的に作陶活動に入る。

実質的なデビューとなった1983(昭和58)年の朝日陶芸展’83でグランプリを受賞。その後も数々の公募展において受賞を重ね、1980年代から90年代にかけて陶芸表現が拡大する時代の中で常に注目を集めてきた、制作は図面にあわせて正確に土の板を切り、結合させることでなされるが、器体にスリットを入れることで強度を操作する、あるいは重力の力を利用するなど焼成によるゆがみやへたりを意図的に造形に取り入れている。

2000(平成12)年に八代を襲名し、以後、造形性を持った器物を中心に作品制作を展開する。2003(平成15)年に京都造形芸術大学教授となり、精力的な創作活動の傍らで後進の指導にもあたってる。

2005(平成17)年に2004年度日本陶磁協会賞を受賞するなど、現在の陶磁界を代表する一人である。

インタビュー 「当代の想い」

略歴

  • 1954京都市生まれ
  • 1979早稲田大学理工学部建築学科 卒
  • 1983朝日陶芸展’83 グランプリ受賞
  • 1986第 14 回中日国際陶芸展 外務大臣賞
    朝日陶芸展’86 グランプリ受賞
    第 1 回国際陶磁器展 美濃’86
  • 1988京都市芸術新人賞 受賞
    八木一夫賞’88 現代陶芸展 優秀賞
  • 1989秋山陽・清水柾博・福本繁樹 展(ABCギャラリー・・大阪)
    八木一夫賞’89 現代陶芸展 読売賞
    第 2 回国際陶磁器展 美濃’89
    ユーロパリア’89 日本 「昭和の陶芸-伝統と革新」展(モンス市立美術館・・ベルギー)
  • 1990陶芸の現在-京都から(高島屋・・東京、横浜、大阪、京都)
    土の造形(栃木県立美術館)
    韓日青年陶芸作家交流展(錦湖美術館・・ソウル)
    現代の陶芸(和歌山県立近代美術館)
  • 1992陶芸の現在-京都から(高島屋・・東京、京都、大阪、横浜)
    第 3 回「次代を担う作家」展 大賞受賞(京都府立文化芸術会館)
  • 1993京都府文化賞 奨励賞 受賞
    現代の陶芸 1950-1990(愛知県立美術館)
    第 48 回ファエンツァ国際陶芸展(ファエンツァ・・イタリア)
  • 1994平安建都 1200 年記念 美術選抜展(京都市美術館)
    京都創作陶芸のながれ(京都文化博物館)
    クレイワーク(国立国際美術館)
  • 1995第 49 回ファエンツァ国際陶芸展(ファエンツァ・・イタリア)
  • 1996写楽再見(国際交流フォーラム・・東京)
    IAC’96 JAPAN 国際陶芸アカデミー会員展(佐賀県立美術館・・佐賀)
  • 1997SIDNEY MYER FUND INTERNATIONAL CERAMICS
    AWARD(SHEPPARTON ART GALLEY・・オーストラリア)Poyntzpass Pioneers Ceramics Award 受賞
  • 1998陶芸の現在的造形(リアス・アーク美術館・・気仙沼)
    滋賀県立陶芸の森創作研修館(信楽)にて制作
  • 1999タカシマヤ美術賞 受賞
    なんてき・れ・い なんて不思議-釉薬の表現と陶芸美-(滋賀県立陶芸の森陶芸館・・信楽)
    日本現代陶芸展-前衛の動向(ファン・ボンメル・ファン・ダン・フェンロ市立美術館・・オランダ)
  • 2000八代 清水六兵衞を襲名
  • 2001現代陶芸の精鋭(茨城県陶芸美術館・・笠間)
    京都の工芸[1945-2000](京都国立近代美術館・・京都 2002・東京国立近代美術館工芸館)
  • 2002国際現代陶芸招待展(台北縣立鶯歌陶瓷博物館・・台湾)
    現代陶芸100年展(岐阜県現代陶芸美術館・・多治見)
  • 2003韓日陶芸作家交流展 2003(ギャラリー サガン ・・ソウル)
    現代韓日陶芸展-共生をめざして-(錦湖美術館・錦湖アートギャラリー・・ソウル)
  • 2004カイロスの時・空・間(瀬戸市新世紀工芸館 ・・・ 瀬戸)
    国際交流邀請展(中国美術館・・・北京)
    清水六兵衞歴代展(千葉市美術館)
  • 2005日本陶磁協会賞 受賞
    疎通・拡散― 韓・中・日 国際陶芸展(ミラル美術館・・ソウル)
  • 2006CERAMICS beyond borders(National
    Library・・シンガポール)
  • 2007第 22 回現代日本彫刻展 ’07(宇部市野外彫刻美術館・・山口県宇部市)
  • 2009京都府文化賞 功労賞 受賞
    第 4 回パラミタ陶芸大賞展(パラミタミュージアム・・三重)
  • 2010IAC会員展(セーブル国立陶磁美術館・・パリ)
  • 2012梅原猛と 10 人のアーティスト(高島屋・・京都、東京、大阪、名古屋、横浜)
    アジア現代陶芸―新世代の交感展(台北市立鶯歌陶瓷博物館・・台湾)
  • 2013清水六兵衞家―京の華やぎ―(愛知県陶磁資料館)
    京都美術文化賞 受賞
  • 2015The Blending and Interaction of Civilizations –
    An Exhibition of East-West Dialogue in Ceramic Art(中国美術館・北京)
  • 2016京に生きる琳派の美(日本橋高島屋・・東京)
    革新の工芸(東京国立近代美術館工芸館・・東京)
  • 2019走泥社コレクションとその後のオーストラリアと日本の陶芸(ニューカッスル美術館・・オーストラリア)

個展

  • 1985マスダスタジオ(東京)
  • 1987ギャラリー 白(大阪)
  • 1988京都朝日サロン (京都)
    マスダスタジオ(東京)
  • 1989ギャラリー なかむら(京都)
    INAX ギャラリー (東京)
  • 1990渋谷西武 (東京)
    浜松西武 (浜松)
    ギャラリー なかむら(京都)
  • 1991ギャラリー 白(大阪)
  • 1992マスダスタジオ(東京)
  • 1993京都市四条ギャラリー(京都)
    ギャラリー 小柳 (東京)
    ギャラリー なかむら(京都)
  • 1994メモリーズ・ギャラリー (名古屋)
  • 1995栃木県総合文化センター (宇都宮)
    原画廊 (水戸)
    鳥取大丸 (鳥取)
    ギャラリー なかむら(京都)
  • 1996マスダスタジオ(東京)
  • 1997伊勢丹新宿店 (東京)
  • 1998コンテンポラリーアートNIKI(東京)
  • 1999ギャラリー彩陶庵 (萩)
    世界のタイル博物館企画展示室(常滑)
    伊丹市立工芸センター (伊丹)
    ギャラリー なかむら(京都)
  • 2000守山市民ホール (守山)
    ギャラリー K (倉敷)
  • 2001高島屋京都店(京都)
    高島屋日本橋店(東京)
  • 2002益田ギャラリー (東京)
    ぎをん小西 (京都)
  • 2003ギャラリー十玄門 (東京)
    ギャラリー 白(大阪)
  • 2004イムラアートギャラリー(京都)
    ギャラリー 白(大阪)
  • 2005高島屋大阪店(大阪)
    高島屋横浜店(横浜)
    高島屋米子店(米子)
  • 2007京阪百貨店守口店 (守口)
  • 2008大丸心斎橋店 (大阪)
    ギャラリー 白(大阪)
  • 2009JR名古屋高島屋(名古屋)
    高島屋京都店(京都)
    高島屋米子店(米子)
  • 2010ギャラリー 白(大阪)
  • 2011高島屋日本橋店(東京)
    高島屋大阪店(大阪)
  • 2012ギャラリー 白(大阪)
  • 2013大丸福岡天神店 (福岡)
    高島屋京都店(京都)
    高島屋横浜店(横浜)
    JR名古屋高島屋(名古屋)
  • 2014いよてつ高島屋 (松山)
    ギャラリー 白(大阪)
  • 2015ギャラリー器館 (京都)
    高島屋京都店(京都)
    高島屋日本橋店(東京)
    高島屋大阪店(大阪)
  • 2017大丸福岡天神店 (福岡)
  • 2018高島屋日本橋展(東京)
    高島屋京都店(京都)
    高島屋大阪店(大阪)
    ギャラリー白(大阪)

パブリックコレクション

東京国立近代美術館、国立国際美術館、国際交流基金、京都府文化博物館、京都市美術館、和歌山県立近代美術館、滋賀県立陶芸の森、高松市立美術館、岐阜県現代陶芸美術館、茨城県陶芸美術館、京都迎賓館、佐久市立近代美術館、エバーソン美術館(USA)、大英博物館(イギリス)、台北市立美術館(台湾)、プラハ装飾美術館(チェコ)、王立オンタリオ美術館(カナダ)、シェパートン、アート、ギャラリー(オーストラリア)、セーブル国立陶磁美術館(フランス)、ケラミオン美術館(ドイツ)、ベナーキ美術館(ギリシャ)、中国美術館(中国)、鶯歌陶磁美術館(台湾)、ニューカッスル美術館(オーストラリア)

現在

京都造形芸術大学 教授、国際陶芸アカデミー(IAC) 会員、東洋陶磁学会 会員、日本陶磁協会 会員、京都美術工芸作家協会 会員、民族芸術学会 会員