沿革

当代清水六兵衞 / 六兵衛窯 / 沿革

六兵衛窯は、清水六兵衞は(現八代)の主宰になるもので、江戸後期初(1771)初代清水六兵衞が京都・五条坂に開窯したのに始まり、以来二百五十年あまり世に多くの名品を残し、京焼の本流として親しまれてまいりました。 六代六兵衞は自らの創作の傍ら清六匋苑を設立(現キヨロク)その監修の下に、窯作品として旧来の伝統を生かしつつ現代感覚のものを加えその造形、意匠、釉薬を新たにして陶芸一般の製作をし、今日に及んでいます。

歴代の作品集>